ひげ脱毛の注意点

 

男性にとって、ひげが濃いと手入れも大変であり夕方になって少し生えてきてしまえば不潔なイメージをもたれてしまう恐れもあるものです。また、肌の弱い人にとってもカミソリ負けをして肌荒れを起こしてしまったり傷をつけてしまったりと、ひげに対して悩みを持つ男性も多いものです。ひげの脱毛はそんな悩みを持っている人をはじめとし、毎日の手入れを楽にしたいという人まで多くの人に利用されています。

 
ひげ脱毛には種類があり、近年主流となっている光脱毛は肌に光を当てるだけなので傷みも少なく、ひげのような他の体の部位に比べて狭い範囲であれば一回の施術時間が10分程度と手軽なのも人気の秘訣です。光脱毛には、エステサロンや脱毛サロンで行われているフラッシュ脱毛もありますが、毛根を死滅させることが法律で許可されているクリニックなどの医療機関でのみ行われるレーザー脱毛も効果的です。しかし、レーザーは出力が強いために肌の弱い人には肌荒れや痛みの危険性もあるので注意が必要です。他にも注意点としては、日焼けをした後など肌の調子が悪い場合にも施術を受けるのは危険であり、施術後の日焼けにも注意します。

 
光脱毛は、頬、鼻下、顎など部位に分けて行われますが、ひげをデザインしている人にはくっきりと境界線を分けて脱毛することができません。ラインを決めて脱毛したい人には、一本ずつ処理するニードル脱毛を利用します。

Comments are closed.